フォト
無料ブログはココログ

« Ryzen Threadripper 1950XのCPU性能がリークされる。 | トップページ | Ryzenが特価で買いやすくなっているみたい »

2017年7月 8日 (土)

Geekbenchで自分の自作PCをベンチマークしてみた

先ほどの書き込みでRyzen Threadripper 1950XのGeekbench 4.1.0が出ていましたが、家のPCではどうか計測してみました。
我が家のPCはAMD Ryzen 7 1800Xを3.9GHzにオーバークロックしています。メモリはDDR4-3000メモリ(メモリクロックは2933MHz)で、マザーボードはASRock Fatal1ty X370 Professional Gamingとなります。GPUはNVIDIA GeForce GTX1080 Ti FEです。
シングルコア性能は4448点です。マルチスレッド性能は24228点となりました。
Ryzen Threadripper 1950Xは基本クロックが3.4GHzなので、シングル性能はともかく、8コア16スレッドのRyzen 7 1800X@3.9GHzにわずかの差しかないのは不思議な感じがします。まるで16スレッド分しか動いていないような感じ・・・。数ヶ月前にアップされたスコアよりは確実に上がっているということなので、もう少しよくなるはずだとは思います。

« Ryzen Threadripper 1950XのCPU性能がリークされる。 | トップページ | Ryzenが特価で買いやすくなっているみたい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503738/65508081

この記事へのトラックバック一覧です: Geekbenchで自分の自作PCをベンチマークしてみた:

« Ryzen Threadripper 1950XのCPU性能がリークされる。 | トップページ | Ryzenが特価で買いやすくなっているみたい »