フォト
無料ブログはココログ

« Ryzenが特価で買いやすくなっているみたい | トップページ | AMD、Ryzen Threadripper 1920Xおよび1950Xを発表 »

2017年7月12日 (水)

ASROCKからRyzen対応MiniITXマザーボード

ASROCKからRyzen対応MiniITXマザーボードが発売されたようです。

意外にも?ゲーミングマザーボードでしたね。
2種類のモデルが発売開始。Fatal1ty X370 Gaming ITX/acとFatal1ty B350 Gaming ITX/acです。どちらもWiFi対応。
Torepan的には、OCメモリがDDR4-3666以上もサポート可能というところです。RyzenもAGSEAのバージョンアップでOCメモリの互換性が向上。チャンスとやる気と失敗しても泣かない気持ちがあれば、DDR4-3666以上も狙えるかもしれませんね。
Ryzenはメモリクロックが上がるとインフィニティファブリックのクロックも同期して動作するため、システムパフォーマンスがアップする特性がありますから。
が、家ではOCメモリはコルセアのVengeance LPXシリーズじゃないとうまく動かないということもあるため、スペック通りに動くかどうかは本当にくじ引きを引くような感覚です。

« Ryzenが特価で買いやすくなっているみたい | トップページ | AMD、Ryzen Threadripper 1920Xおよび1950Xを発表 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503738/65523804

この記事へのトラックバック一覧です: ASROCKからRyzen対応MiniITXマザーボード:

« Ryzenが特価で買いやすくなっているみたい | トップページ | AMD、Ryzen Threadripper 1920Xおよび1950Xを発表 »