フォト
無料ブログはココログ

« Palit製品の特価 | トップページ | AMD Radeon RX Vega 3DMARK11パフォーマンス »

2017年7月 5日 (水)

ASROCK Fatal1ty X370 Professional GamingでRyzen 7 1800XをOCしてみた

Ryzen7_1800x_20170705

ASRock Fatal1ty X370 Professional GamingでRyzen 7 1800XとOCメモリの設定をしてみました。Ryzen 7 1800Xは最初4.0GHz、CPU Vcoreは1.350で設定してみましたが、ベンチマークソフトを走らせると、リセットがかかることが多く見られました。CPUのコア電圧を更に上げる方法も考えましたが、消費電力がかかることを懸念し、クロックは3.9GHzでコア電圧は1.350で常用することにしました。FX-9590の時は1.450V以上もいったので、まっ慣れているといえばそうなんですがw
OCメモリの方はXMPプロファイルのままだと、不安定だったので、手動でメモリタイミングとか設定すると、今のところDDR4-3200で安定するようになりました。このまま常用できるかどうか様子を見たいと思います。
とりあえず、今の環境下における3DMARKの結果を載せておきます。

« Palit製品の特価 | トップページ | AMD Radeon RX Vega 3DMARK11パフォーマンス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503738/65498555

この記事へのトラックバック一覧です: ASROCK Fatal1ty X370 Professional GamingでRyzen 7 1800XをOCしてみた:

« Palit製品の特価 | トップページ | AMD Radeon RX Vega 3DMARK11パフォーマンス »